公務員制度に強いFP相談サイト|公務員のためのマネーライフクリニック


セミナー講演依頼はこちら


よくある質問

全体に関するもの

最近、ファイナンシャルプランナー(FP)という職業をよく耳にしますが、何をしてくれるのですか?

“マネー知識”の普及活動や、家計のコンサルタントとしてお金に関わる全てのご相談に応じております。
例えば、ライフプランの作成から資産運用、保険の見直し、住宅購入やローンの返済計画、相続(相続税対策や遺言書作成、相続手続き)等、非常に広い分野に渡ります。
参照用として、近年寄せられた相談内容の一部をご覧ください。

 

FPを名乗る専門家が多い中、御社は他とどう異なるのですか?

一番大きな違いは、“公務員制度に精通している点”です。
一般的な民間商品だけでなく、公務員特有のものを検討材料に加えた上で善し悪しを判断致します。
よって、幅の広いアドバイスや提案が可能になります。
また、セミナーや講演の際も、公務員制度の内容を織り交ぜますので深みのあるお話が出来ると思います。
付け焼刃のものとは明確な差がございます。

 

共済年金の受給額を確認したいのですが?

先ずはご自身が所属する共済組合をご確認下さい。
先方からの郵送物や年金手帳等を参考にすれば判明すると思います。
例えば、地方公務員共済組合、市町村職員共済組合、国家公務員共済組合、公立学校共済組合、
防衛省共済組合、警察共済組合 etc
そちらの各窓口にお問合わせ頂ければ、具体的な金額数値まで教えて頂けます。

 

 

各種サービスについて

問題解決のため、どの士業専門家に相談すべきか分からないのですが・・・

問題解決の道筋を描けるのも、幅広い分野の知識を有するFPだからこそです。
悩んだ場合は、FPを窓口とすれば間違いありません。
他専門家の関与(協力)が必要な場合は、その理由も説明致します。

 

初回相談に伺い、その後2回・3回と足を運ぶこともあると思います!?その場合、その都度相談料が発生するのでしょうか?

初回訪問時、いろいろとヒアリングさせていただきます。そのタイミングで明確な回答やアドバイス・提案が出来ればいいのですが、内容によっては調査や情報収集を経てからでないと不可能なケースもございます。その場合は、再度面談の場を設けていただきます。しかし、こちらのレスポンスが理由ですので、相談料を請求することはございません。
※但し、1回目は保険見直し、数カ月後の2回目は住宅ローン見直し、年を明けてからの3回目が相続対策のご相談。このように毎度別テーマで場を設ける場合は、その都度相談料が発生致します。ご了承下さい。

 

以前、所属公務員団体主催のライフプランセミナーに参加したものです。無料相談の権利はどのように使えばよろしいでしょうか?

通常、個別相談(面談)では20,000万円(+税)頂戴しております。但し、ライフプランセミナーにご参加頂いた方には特典サービスとして、無料相談権を付けさせていただくこともございます。その場合は、お問合わせ頂く際に、所属公務員団体名とご参加頂いたライフプランセミナーの日にちをご申告いただければと思います。無料相談で対応させていただきます。但し、相談を経た上で、後日 実行援助にあたらせていただいたり、他士業関係者の協力を有する場合等は、別途報酬が発生致します。その際は、事前にお見積りを提示し意思確認を致しますのでご安心下さい。

 

所属する公務員団体が、御社と顧問契約を結んでおります。無料相談と聞いておりましたが!?

弊社と顧問契約を結んでいる場合、そこに所属する構成員様は相談料が発生致しません。何度でも、気兼ねなくご利用いただければと思います。
(お問合わせ時は、所属する公務員団体名をお伝え下さい)
但し、相談を経た上で、後日 実行援助にあたらせていただいたり、他士業関係者の協力を有する場合等は、別途報酬が発生致します。その際は、事前にお見積りを提示し意思確認を致しますのでご安心下さい。

 

地理的に、大阪本社や東京支社から離れております。よって、直接面談に伺うことが難しい状況にあります。その場合、ご相談自体無理なのでしょうか?

弊社は全国でセミナーを実施していることもあり、担当した講師に直接相談したいとのお問合わせを数多く頂戴します。地理的な要因で面談等が難しい場合は、電話やメール・郵送等でコミュニケーションを図ることになりますが、そのことにご了承いただけるのであれば、サービス提供エリアに制限を設けるものではありません。気軽にお問い合わせ下さい。
※面談を行いませんので、相談料は発生致しません。但し、保険証券や住宅ローン償還表の写しやその他の資料等をお送りいただき、確認業務(通常、面談時に行う作業です)にあたる場合は、別途の形で報酬を頂戴するケースがございます。いずれにしても、事前に条件を提示させていただきます。

 

 

セミナー講演依頼について

セミナー講師をお願いしたいのですが、予算が限られております・・・

弊社は、これまでも長い年月ライフプランセミナー活動を続けてきております。各自治体や公務員団体によって予算計上にバラツキがあることも存じております。先ずは、そういった条件をお伝えいただいた上で、内容等を協議させていただければと思います。本HP内に一律で報酬額を明記しないのは、そういった事情を存じているためです。

 

全国津々浦々でライフプランセミナーを実施しているそうですが、次回もお願いしたい場合、何時ぐらい前からお声掛けさせていただけばよろしいでしょうか?

早い場合は、半年以上前にご予約を頂戴しております。
特に、夏と秋シーズンは、ご依頼が重なる時期となりますので、計画がお決まりなのであれば、
直ぐにご連絡頂くことをお奨め致します。

 

スクリーン投影用のプロジェクターは必須でしょうか?

基本、主催者様が提示する条件に合わせますので、プロジェクターの有無は関係ありません。但し、大きな会場で行う場合や参加者が大人数の時は、セミナー実施上、プロジェクターがあった方がベターに思います。

 

セミナーレジュメを作成する際、こちらの意向を盛り込んでいただけるのでしょうか?

もちろんです。弊社が定型のものを使用しない理由です。
レジュメを作成する段階でご希望を寄せていただければ可能な限り対応させていただきます。
折角の機会ですので、その1回を実りあるセミナーに致しましょう。
例)退職前の参加者が多いので、介護や相続の内容を厚くして欲しい。共済年金の構造や公務員特有の制度について時間を割いて説明して欲しい etc

 

 

その他のお問合わせはこちら


TOP サービス案内 セミナー講演依頼 よくある質問 運営会社の概要 お問合わせ